日本人にとって入浴の歴史はとても古く、奈良・
鎌倉時代に端を発っし、江戸時代には現在の
銭湯の元となる形式の風呂屋が開かれ、上下
の隔たりもなく、裸のつき合いができる場所とし
て、ひろく庶民に親しまれてきました。

ここではそんな銭湯の歴史について紹介します。

 

 ■下のメニューの中から読みたいタイトルを選択して下さい。


風呂のはじまりは寺院?

鎌倉・室町時代の風呂ふるまい

江戸特代の風呂

江戸庶民の社交場、湯女(ゆな)風呂と二階風呂

江戸の銭湯は混浴

「ざくろ口」から「改良風呂」ヘ

関西では風呂、江戸では湯屋

湯屋株について

昔の湯銭は

紋日について

湯屋で働く人々

Copyright (C) 2005 川崎浴場組合連合会. All Rights Reserved.