川崎銭湯ルポ 第2弾 高津区・高津湯(3/3)

いよいよ入浴! 建物は古いけど浴室は6年前に改装され、蛇口やシャワー、タイルや鏡が本当に奇麗。 バリアフリー対策がされた支え棒の付いた洗い場も完備、シャワーブースも1つ。 シャワーはすべての洗い場についていて、お湯の出も良く、熱く、申し分ありません。 サッパリと身体を洗い流します。

効能 いざ湯舟へ!
3つあり、右は白湯で深い浴槽、真ん中が浅くてジェットバスと電気風呂があり、左は薬湯。 女湯はまったく左右が逆になります。 まず真ん中へ。 下町の銭湯は熱い、というのが定番ですが、こちらもかなり熱め。 見事なペンキ絵の富士山を眺めながら肩まで湯に浸かったら、冷えてた身体がグングン暖まる〜〜。 行かずとも、気分はもう旅行〜。 "ジェットバス"に背中を当てると、ああ、マッサージ効果でコリャもう極楽〜〜!!

入浴 十分暖まったら洗い場に一旦戻って少々身体を冷まし、第2ラウンド。 これまた一度味わったらやみつきになる"でんき風呂"。 電極に背中や肩、腰、首などを当てピリピリピリピリ・・・た、たまりませ〜〜ん、カ・イ・カ・ン・・・!!! 出て、今度は最終ラウンド、薬湯の浴槽へ。 湯の色がやや白い。 添えてあるレトロな看板に"天然鉱物エキス"の出る石を配合している、とあるのでその効果も期待! しっかり湯治しましょう。あまり熱くないので、ゆっくり入って仕上げにはもってこい。

通常は小林さんの息子さんの三代目と奥さんで、交代で切り盛りしているそうです。 3人のお孫さんがいて、4代目の跡継ぎも決まっているのだそう。 この日も遊びに来ていましたね。 いや〜、温ったまった。 湯上がりに牛乳でなく僕は冷たいお茶が好きなので、120円を払うと、腰に手をあてて、グイッといきます。 ああ、至福の一杯、幸〜〜せ!! 銭湯はやめられませ〜ん!!!



前へ|3



富士見湯では、「いっしょにおフロんたーれ」の特別企画として、
フロンターレ銭湯絵を見ながら、入浴することができます!
イベントの詳細はこちら

いっしょにおフロんたーれ



次回更新をお楽しみにお待ち下さい。

最新

次のかわら版

前のかわら版

バックナンバータイトル一覧

Copyright (C) 2005 川崎浴場組合連合会. All Rights Reserved.